猫がなりやすい四つの病気はこんな症状!その予防と対処方法


⌛この記事を読むのに必要な時間は約4分です。

こんにちは、kameちゃんです。

動物も病気になったりすると、飼い主も辛いですよね。

今回は、猫がかかりやすい病気四つをピックアップして、それぞれの原因と治療と予防などを書いていきます。

\健康維持に!猫用腸活サプリメント/
毎日爽快
愛猫の腸活をしっかりサポート!「毎日爽快」
目次

猫がなりやすい四つの病気:下部泌尿器症候群

下部尿路症候群(FLUTD)は、尿の中に結晶ができてしまう症状で、泌尿器にいろいろな悪さをします。

たとえば、できた結晶が膀胱を傷つけたり、結晶で尿道が詰まったりしてしまうなどがあります。

症状

現れる症状としては、血尿が出たり、頻繁にトイレにいったり、痛がっていつもとは違う鳴き声を出すことがあります。

特にオス猫がなりやすい傾向があります。(オス猫の方が尿道が狭いためだと言われています。)

原因

原因としては、餌にあります。

餌の内容物にリンやマグネシウムが含まれていて、それの過剰摂取になると尿に”リン酸アンモニウムマグネシウム”と言われる物質ができて、それが固まり症状が現れます。

また、要因の一つとして、肥満やストレスなどもあると言われています。

予防

予防はやはり食事で、低リンで低マグネシウムの餌を選ぶと安心です。

また、水分補給も大事なので、いつでも水が飲めるようにしておくのも大事です。

治療法

尿道に結晶が詰まっている時はカテーテルを挿入したり、超音波で破砕します。

そして、食事療法や抗生物質などをつかって治療を進めます。重症の場合は、手術する場合もあります。

\健康維持に!猫用腸活サプリメント/
毎日爽快
愛猫の腸活をしっかりサポート!「毎日爽快」

猫がなりやすい四つの病気:慢性腎不全

腎臓の組織であるネフロン(老廃物をろ過して尿にする組織)がだんだん壊れて、腎臓の働きが悪くなってしまう病気で、それが慢性的に現れるのが慢性腎不全です。

一旦組織が壊れると元には戻りません。

症状

体に毒素がたまるので、食欲の減退が見られたり、吐いてしまったりします。

そして、徐々に体重が落ちてきます。

また、水の飲む量が増えて行くのも特徴です。

原因

さまざまな要因があり、ウイルスの感染だったり、免疫疾患だったり、結石などが原因だったりします。

予防

塩分の取りすぎを防いで、新鮮な水をいつでも飲める様にしておく事が大事です。

また、定期検診などで早期に発見すれば、長生きできます。

治療法

一度壊れた組織は戻る事はないので、根本的な治療はなく、進行を遅らせる処置をして生存期間を延ばすしかありません。

猫がなりやすい四つの病気:甲状腺機能亢進症

甲状腺は人間でいう喉仏の近くにあるホルモンを作る臓器で、このホルモンは、体の代謝を活発にする働きがあります。

甲状腺機能亢進症は、その甲状腺ホルモンが過剰に出過ぎる病気です。

症状

行動が異常に活発になったり、攻撃的になったりします。また、食欲は旺盛なのにどんどん痩せてきます。

それと、水をたくさん飲み、オシッコも量が増えます。

原因

甲状腺に腫瘍ができたりすることでもなりますし、現在根本的な原因は不明です。

予防

早期発見して早期に治療することが肝心です。

こまめに猫の行動の様子を観察しておくといいでしょう。

多飲、多食が見られたら病院にかかりましょう。

治療法

投薬治療と外科的治療があります。

投薬治療でも完治する事はまずなく、症状を抑えるのが目的になります。

それでも症状が緩和されない場合は、手術で、甲状腺を摘出して、今度は甲状腺低下症になりますので、そちらの薬を飲み続けるかが主な治療となります。

\健康維持に!猫用腸活サプリメント/
毎日爽快
愛猫の腸活をしっかりサポート!「毎日爽快」

猫がなりやすい四つの病気:糖尿病

高齢の猫で発生しやすくなっています。

やはり肥満などにより発症するケースが多くなっています。

症状

初期症状は、水を飲む量が増えて、尿の量も増えてきます。

人間と同じ様に合併症を起こしやすく、目の白内障や神経障害などが現れる場合があります。

原因

肥満やストレスなどが原因となる場合や、遺伝や免疫疾患などで発症する場合もあります。

予防

まずは肥満を防ぐことです。餌の栄養バランスをきちんととりながら、肥満を防ぎ、なるべくストレスが少なく過ごす様にしましょう。

また、定期的に動物病院にかかり、血液検査などを行なって予防しましょう。

治療法

治療法としては、血糖値のコントロールが必要となります。

軽度であれば、食事や運動の管理で症状を抑えますが、重症の場合は、インスリンの投与などもすることがあります。

まとめ

猫も動物なので、いろんな病気にかかったりしますので、毎日の様子の観察や、動物病院での定期検診などを行うことによって、症状が軽いうちに抑えられる病気が多くあります。

まずは、日々、よく猫の様子を観察しておきましょう。

では、またね〜。

\健康維持に!猫用腸活サプリメント/
毎日爽快
愛猫の腸活をしっかりサポート!「毎日爽快」
あわせて読みたい
【猫を飼いたい人へ】参考にして!我が家にオス3匹の個性と特徴 猫とごろごろしていたいKame(@rindark)です。こんにちは<br />うちに住んでいる3匹の猫たちをご紹介します。それぞれ性格が違って面白いんですよ〜。<br />猫を飼うということの苦労と喜びが感じ取れていただけたらと思いますー。<br />もらい猫や猫を飼いたいと思っている方に猫との生活がどんなものか参考になれば幸いです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●職業:主夫/営業マン(正社員)
●年齢:40代半ば
●居住地:東北地方
●家族構成:妻・長女(専門学生)・長男(高校生)・妻の母(要介護認定)
●ペット:猫3匹(全部オス)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる