【googleカレンダー】で仕事を効率化!家庭に時間を還元


⌛この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

わたしは営業マンの仕事をしていて、予定を立てることがとても重要なので、その予定を正確に掴む必要があります。

ふだんは、お客様との打ち合わせや、訪問予定を忘れないように手帳によていなどを書き込んでいます。

でも、ある時から会社で支給されているiPhoneと会社で使ってるiMacでGoogleカレンダーも使うようになりました。

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google カレンダー: 予定をスマートに管理する

Google LLC無料posted withアプリーチ

googleカレンダーにも予定を書くことによっていい効果があったのでそれを書いてみます。

googleカレンダー月間
\定番のセキュリティソフト!/
定番のセキュリティソフト ノートン 360
目次

googleカレンダーを活用:クラウドの便利さ

スマホ用googleカレンダー月間

同じgoogleアカウントを使用していて、スマホにGoogleカレンダーアプリをインストールしておけば、パソコンで入力したカレンダーが同期され、出先のスマホで予定を確認できます。

また、出先で新たな予定が入った時も、スマホで入力して、おけば、またパソコン画面で見ることができ予定を飛ばしてしまう心配が減ります。

家庭用で使っているgoogleカレンダーとは別のスケジュールアプリにもgoogleカレンダーが取り込めるので、そのアプリにも同期しあって、学校や家庭の行事と仕事の予定を照らし合わせて、スケジュールを管理することができます。

仕事の予定が詰まっているところを避けて、学校の行事や地域の予定を入れることができる様になりました。

しかもスマホ一つで管理できるので、いままでの仕事用手帳と家庭用手帳に分けていたのが、一つになった感じでかなり総合的に見やすくなっています。

おかげでどのタイミングで有給休暇が必要な場面では、有給を取ればいいかが把握でき、なるべく会社の人たちに迷惑をかけずに済んでいます。

googleカレンダーを活用:予定の入力は簡単

googleカレンダー予定入力画面

パソコン画面だと、こんな感じ。

日時や、アラームの設定や、カテゴリー分けなど、必要なことは大体網羅しています。

また、同じプロジェクトの人と予定を共有することもできるので、チームで仕事している場合もかなり役立つと思います。

繰り返しの予定なども、簡単にチェックボックスにチェックを入れるだけ。

カテゴリーもいろいろ作れるので、自分のスタイルに合わせてカレンダーを作成することができます。

その他、祝祭日のほか、スポーツの予定のカレンダーや、月満ち欠けもわかったりします。

特にアラームの設定は便利かもしれません。

たとえば、打ち合わせ予定にアラーム設定をしておけば、遅れずに打ち合わせ場所に行くことができます。

写真は月間ですが、週間一覧や、日間一覧にもでき、細かく予定も組み立てることができます。

予定が変更になった場合も日時のところをちょっといじるだけで、日時の変更が可能で、ちょくちょく予定が変わる方でも管理がしやすいと思います。

googleカレンダーを活用:予定の確認も見やすい

googleカレンダー予定のポップアップ

カレンダーの予定の内容の確認も簡単、予定をワンクリックするだけで、画像のようにポップアップが開くので、どんな予定だったか、一目で確認可能です。

仕事が忙しい方でも、表示の仕方が、月単位、週単位、日単位などいろいろと変えられますので、自分のスタイルにあった見方ができますのでオススメです。

さらに予定によって色分けできるので、今日は何の予定が多いなとかも一目でわかるし、チェックを外せば必要のない予定を表示させないようにもできます。

日間にすれば、その日の時間帯別にも表示できるので、何時からこの予定、この時間からはこの予定と一目で確認ができます。

さらにアラームと組み合わせてスマホに同期していれば、予定を忘れることが少なくなると思います。

わたしの場合は、仕事の配達もあるのでその配達をする品物もメモ欄に記入して、その日そのお客様に何をもっていくかもわかる様にしています。

\定番のセキュリティソフト!/
定番のセキュリティソフト ノートン 360

googleカレンダーを活用:手書きの手帳との併用技!

わたしの場合は、googleカレンダーの他に手書きの手帳(仕事用手帳家庭用手帳の2冊)にも記載し、万全を期しています。

手書きには手書きの良さがあり、どちらかにつけ忘れがあっても、足りない分は書いてあったほうから、足りない方に書き足して、不測の事態を防いでいます。

ま、わたしぐらい忘れっぽくなければ、googleカレンダーだけでも、十分機能すると思います。

デジタルの予定は変更が楽なので、変更分をまずgoogleカレンダーで変更しておいて、後で手帳の分を修正するなんて使い方もできます。

あわせて読みたい
【2022年版】ほぼ日手帳weeksの魅力とわたしの使い方|仕事編 わたしは普通のほぼ日手帳(ほぼ日手帳オリジナル)の他に、仕事用で、週間見出しのついた「ほぼ日手帳weeks」も使っています。 日常用と仕事用を分けることによって、...
あわせて読みたい
2022年版【ほぼ日手帳】で日記の付け方と続けるコツ。使用歴15年目! 現在、ほぼ日手帳をつかって、15年間毎日日記をつけています。 元々は日記なんて書ける人間ではありませんでした。 ほぼ日刊イトイ新聞のサイトで出した「ほぼ日手帳」...

まとめ

わたしの場合は仕事の予定を主に書いて使っていますが、趣味や家庭、学校の行事なども、カテゴリー分けできるし、家族とも共有できちゃったりするので、かなり便利です。

デジタルの良さは書く、消す、移動するが簡単にできるので、予定変更が多い方にはgoogleカレンダーはオススメです。

また、他のスケジュールアプリでも、Googleカレンダー対応が多いので、いろんな予定を使い分けたい人にも、2つのカレンダーアプリを使い分けてみるのもオススメかもしれません。

手書きが苦手で手帳に書くのがめんどくさい方にも、オススメします。

では、またね〜。

\定番のセキュリティソフト!/
定番のセキュリティソフト ノートン 360

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●職業:主夫/営業マン(正社員)
●年齢:40代半ば
●居住地:東北地方
●家族構成:妻・長女(専門学生)・長男(高校生)・妻の母(要介護認定)
●ペット:猫3匹(全部オス)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる