【ブログ初心者講座】書くならWordPress(ワードプレス)が楽しい!


⌛この記事を読むのに必要な時間は約7分です。

こんにちは、Kameちゃんです!

最近は、WordPress(ワードプレス)をいじっているのが楽しくて、ずっとブログ作成をしています。

WordPress(ワードプレス)には、デザインや機能を追加できる”テーマ”というのがあって、それを選ぶことによって同じ記事でも全然違う雰囲気にすることができます。

有料で高機能なテーマもありますが、無料でもすごく簡単にかっこいいデザインができるテーマもあったりします。

今回は、わたしが使っているサービスご紹介しながら、WordPress(ワードプレス)の楽しさを伝えたれたらと思います。

目次

【ブログ初心者講座】まずすること

WordPress(ワードプレス)を使うには独自ドメインレンタルサーバーとの契約が必要です。

わたしはあんまり小遣いがないので、本当に格安に使える、独自ドメイン代行サービスとレンタルサーバー会社を使っています。

それでも、なんの支障もなく使えています。(わたしの使っているレンタルサーバーで、スピードプランというのがでたので、近々そちらに移ろうかとは思っています。)

独自ドメイン取得代行サービス会社

普通に、無料のブログを作ろうとすれば、ドメインがアメーバーやライブドア、FC2などのドメインネームになってしまいます。

たとえば、アメブロだったら、https://ameblo.jp/〇〇〇みたいに。

けれど、独自ドメインを取得すると、ameblo.jpの部分が好きな文字にすることができます。

現在独自ドメインを取得してくれる会社は多々ありますが、わたしは昔から、ムームードメインを使っています。

ムームードメイン

年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

ドメイン代行サービス会社では、料金には2つあります。まずは、取得料金、次に更新料金です。この二つは同じドメインでも料金がちがいます。

たとえば、ムームードメインの場合は、.comを取得しようと思ったら、799円で取得できます。これで一年間は使えます。

一年経って更新する時には、.comでは、1,480円かかります。つまり、毎年1,480円かかる様になるという事です。

この、ブログのkame-ch.tokyoの名前はムームードメインで取りました。.tokyoだと取得に、100円で取れてしまいます。

わたしの使っているレンタルサーバー会社

レンタルサーバーは、ブログのデータを保管しておく場所を借りるというイメージです。
ココに、作った記事や画像などを保存して、このサーバーとドメインを紐付けて、インターネットで公開できるようになります。

レンタルサーバーにも各社あり、速度や安定性、何アクセスまで可能かなどでランク分けされています。

得にWordPress(ワードプレス)でブログを始めたい方は、WordPress(ワードプレス)を使えるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

ロリポップ

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!

わたしの知る限り最安値のレンタルサーバー会社ではないかと思っています。こちらもわたしが昔から使っています。

プランもいろいろあるのですが、わたしの知り限り最安値だと、思っています。

(日々インターネット界隈は進化するのでもっと安いサービスがでているかもしれませんが。)

WordPress(ワードプレス)でブログを始めるには、WordPress(ワードプレス)のデータを置いておく場所が必要になってきます。

それが、レンタルサーバーです。いわば、ドメインは住所で、レンタルサーバーが実際の家になります。

ロリポップは契約期間を1、3、6、12、24、36ヶ月と選べます。たとえば、1ヶ月だと毎月料金が発生します。

一番安いプランでは、毎月100円のコースもありますが100円のコースは残念ながらWordPress(ワードプレス)が置けません。

WordPress(ワードプレス)が置ける最安価格は250円〜のコースになります。

わたしは、いろいろしたいので、毎月500円のコースを選択しています。

(最近始まった、ハイスピードプラン月1,000円のコースが気になるので、現在のプランから変更する予定にしています。)

ハイスピードプランに変えてみました!

やっぱり、わたしが見た限りは快適になりました!

【ブログ初心者講座】WordPress(ワードプレス)をインストール

ムームードメインとロリポップは提携しているので、ムームードメインで取得したドメインを、すぐにロリポップのサーバに反映させることができます。

独自ドメインが反映されると、ロリポップで、WordPress(ワードプレス)を簡単にインストールが可能です。あまりに簡単なので、びっくりしたぐらいでした。

テーマを選んでインストール

テーマはワードプレスをどのように見せるかの、洋服の様なモノとイメージしてください。

わたしは、お小遣いがあまりないのでお高い有料テーマが買えないので、いつも無料テーマをインストールしていました。

わたしが使った事があるのは、Cocoon、Luxeritas、Simplicity2、Xeory Base、Godios、LION BLOGです。

現在はお小遣いを貯めて、有名な有料テーマのJINを使用しています。価格は、¥14,800(税込)になっています。

プラグインでカスタマイズ

テーマをインストールしたらプラグインでWordPress(ワードプレス)を補強していきましょう。

わたしが使ってよかったのは、All In One SEO Pack、Classic Editor、Contact Form 7、Google XML Sitemaps、PS Auto Sitemap、WordPress Popular Posts、WordPress Related Postsかな。

これらを使って、必要な機能を自分のWordPress(ワードプレス)に実装していけます。

(上記プラグインの中にはJINでは推奨していないものもあります。くわしくは、JINのマニュアルページをごらんください。)

【ブログ初心者講座】記事を書いてみよう

ドメインとサーバーの設定が終わり、WordPress(ワードプレス)をダウンロードして、テーマとプラグインをインストールしたら、いよいよブログ記事を書いていく事になります。

わたしの書き方

ワードプレスWordPress(ワードプレス)の編集画面に直接書き込んでもいいのですが、わたしのやり方は、自分が使いやすいテキストエディタに一旦記事を書き込んでから、コピペしていく方法をよく使っています。

WordPress(ワードプレス)の編集画面では、主に画像を貼り付けたり、装飾をしたりするのだけやっています。

これは人それぞれなので、自分に合ったやり方で記事を書いてみてくださいね。

記事の書き方などは、またこのブログで解説していこうと思っていますので、また見に来てくださいね。

記事をかいたら確認を

記事をかいたら、文字の間違いやリンクの貼り間違いがないか確認してくださいね。

また、編集画面での見方と実際に投稿したあとの見え方が違う場合が多いですので、投稿して公開する前に、プレビューボダンがありますので、プレビューで見え方を確認してみてください。

最近では、スマホで記事を読まれる方も増えているので、スマホでもどう見えるか確認するのがオススメです。

まとめ

WordPress(ワードプレス)は、今ブログ界隈では人気で、いろいろな解説の本やサイトがあります。

なので、勉強もしやすいですし、自分色のカスタマイズがかなり自由にできるので、おすすめです。

無料ブログのデザインに飽きたり、新しい事にチャレンジしたい方は試してみてはいかがでしょうか?

さらに、WordPress(ワードプレス)のブログに、うまく広告を貼りつければ、副収入が得られたりします。

(これはこれで、コツややり方がありますのでそちらも勉強がひつようですが。)

では、またね~。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●職業:主夫/営業マン(正社員)
●年齢:40代半ば
●居住地:東北地方
●家族構成:妻・長女(専門学生)・長男(高校生)・妻の母(要介護認定)
●ペット:猫3匹(全部オス)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる