【電子マネーの残高確認】PaSoRi(パソリ)を買って使ってみた!機能を紹介


⌛この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

WAON、nanaco、Suica、Edyのそれぞれのカードをもっていても自宅では残高がわからない。

そのイライラを解消してくれるものを探していました。それがこれだったのです。

これさえあれば、サッと残高を知ることができるんです。

これからの時代は絶対に電子マネーなどの決済が多くなってきます。

そんな時電子マネーの残高をサッと知りたくないですか?

”カードを装着したところ”
PaSoRi装着
”付属品たち”
PaSoRi付属品
目次

PaSoRiは非接触ICカードリーダー/ライター

Phone等のiOS機器にBluetoothで接続し、電子マネーの残高確認やチャージができます。

SONYで出しているパソリ「PaSoRiという機器です。

まぁ、こんなの買わなくても、コンビニとかで残高確認したり、チャージしたりすればいいのですが、わたしのガジェット好きがうずうず、うずいて買ってしまいました。(笑)

たぶん、お近くの家電量販店ではないかもしれないので、気になる方はAmazonか楽天市場を検索してみてくださいね。

商品名は、PaSoRi(パソリ) RC-S390(iOS用)です。

PaSoRiの機能「残高照会とチャージ」

PaSoRiでできることの基本機能です。

このPaSoRiはバッテリ内蔵で、Bluetooth接続なので、軽快に使うことができます。

バッテリも一度充電してしまえば、数日使って全然大丈夫です。

iPhoneのアプリでバッテリの残量も確認できますから安心です。

残高照会

nanaco残高紹介スクリーンショット
残高チェッカー for nanaco card

残高チェッカー for nanaco card

GNN Corp無料posted withアプリーチ

わたしがメインで使う機能はこれになりそうです。

それぞれのカードを自宅で残高照会してみる。

特にWAONの残高はこのPaSoRiを通さないと他のアプリではわからないのでほとんどこれだけのために買ったみたいなものです。(笑)

このPaSoRiだとBluetooth接続で私の場合はiPhoneとつないでいるので、無線で家でも、外でも残高が確認できます。

このPaSoRi自体がカードとほぼ同じサイズで軽いので持ち運びも楽です。

チャージ

わたしの場合はあんまりチャージには使わないかな。

残高確認が主になるかも。

でも、このPaSoRiは充電式で、Bluetoothに対応しているので、いつでもどこでも、電子マネーにチャージができるのは便利ですね。

少しの設定は必要ですが、それぞれ、チャージすることができます。

今の所、WAON楽天Edyチャージに対応しています。

現金を持っていなくてもクレジットや口座からもチャージができますので、非常時にはいいかもしれません。

PaSoRiのユーティリティアプリを入れよう!

パソリユーティリティ

パソリユーティリティ

Sony Imaging Products & Solutions Inc.無料posted withアプリーチ

パソリユーティリティアプリ。(これが基本ですので必ずダウンロードしてくださいね。)

これが、iOSでのPaSoRiを使う基本的なアプリとなります。

上記の写真のような電子マネーに対応しております。

対応電子マネーは、楽天EdySuicananacoWAONの四つに対応しています。

これで、それぞれの電子マネーの残高と利用履歴を確認できます。

上記の画像は、nanakoの残高を確認した時のもの。

結構細かくチェックできます。

PaSoRiのその他の”対応アプリ”があれば最強!

純正のパソリユーティリティアプリの他にPaSoRiに対応しているのは下記のアプリになります。

それらのアプリ単体で PaSoRiに対応しているので、パソリユーティリティアプリをいちいち立ち上げる必要がありません。

対応アプリ:楽天Edyアプリ

パソリ対応 楽天Edyアプリ

パソリ対応 楽天Edyアプリ

Rakuten Edy, Inc.無料posted withアプリーチ

現在、わたしは、クロネコメンバーズカードで楽天Edy付きのを取得しているので、このアプリでチャージすることができます。

まだ、楽天Edyは使ったことがないので、ちょっと楽しみですね。

これからこれでチャージして使ってみたいと思います。

対応アプリ:Suicaチャージアプリ

Suicaスクリーンショット
Suicaチャージ

Suicaチャージ

East Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

この画面はチャージアプリではないのですが、ビューカードでSuicaを利用しているとPaSoRiを使ってチャージができるみたいです。

わたしの持っているSuicaは普通のSuicaなので、チャージはできないみたいですが、ビューカードSuicaを使っている方はこのPaSoRiでチャージができるみたいでした。

対応アプリ:WAONステーション

WAONステーション

WAONステーション

イオンクレジットサービス株式会社無料posted withアプリーチ

これが、PaSoRiを買うきっかけとなった電子マネーWAON。

他の家計簿アプリをつかっているのですが、他の電子マネーは残高がそのアプリでみれるのですが、WAONだけは対応していなくて、今どのくらいの残高があるか、イオングループのお店に行かないとわからなかったんです。

でも、PaSoRiを使えば、残高と利用履歴がみれるので、すごく便利になりました。

おまけに対応のWAONだとチャージもできます。(例えばイオン銀行と一緒になっているWAONカードなど)

まとめ

これからどんどん電子マネーとか電子化の時代になってきて、こう言うのの先端をちょこっとでも体験しておかないと、置いていかれそうでいろいろいじって遊んでみます。

面白い使い方を見つけたり、新しい技術がでたらまた勉強してこのブログで発表したいと思います。(^o^)У

では、またね〜。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●職業:主夫/営業マン(正社員)
●年齢:40代半ば
●居住地:東北地方
●家族構成:妻・長女(専門学生)・長男(高校生)・妻の母(要介護認定)
●ペット:猫3匹(全部オス)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる