生活

【美肌を保つ4つの基本とは?】お肌のコンディションは基本が大事だった!


⌛この記事を読むのに必要な時間は約10分です。


人に好かれたい人ならば、自分の美しさを保ちたいもの。

特にお肌のキレイさは、どれだけ自分でお手入れができるか?でも違ってくるので力を入れやすいところではありますよね!

わたしの妻もお肌のお手入れにはこだわりがあるらしく、4つの基本を教えてくれました。

  • その1、紫外線をしっかり防ぐ
  • その2、栄養バランスを整える
  • その3、良質な睡眠をとる
  • その4、お肌の汚れをしっかり落とす

その1、美肌を荒らす紫外線を防ぐ!

お肌を荒らす原因として有名なのが、紫外線ですよね。

わたしの母も農家をしていてずっと紫外線を浴びていたので、しみやそばかすに悩んでいました

これらの対策としては、UVケア商品が沢山出ています。

紫外線の2つの波、UV-A波とUV-B波

紫外線には作用の違う2つの波長があります。

この2つの波長の違いを知っておくと、何故紫外線を防いで行く事が大事なのかが分かってきます。

シミの元をつくる「UV-A波」

地表に届いている紫外線の90%がこの「UV-A波」だと言われています。

「UV-A波」は波長が長いために、雲やガラス等も透過してお肌まで届いてしまいます。

しかも、皮膚の奥の「真皮」までも届いてしまうので、とても厄介なんですよね。

この「UV-A波」を浴びると、後ほど書く「光老化」を招いてしまいます。

さらに、メラニン色素の合成が促され、皮膚が黒くなっていったり、シワ、たるみなどもこの影響で出てきてしまうんですよね。

肌が赤くなるのは 「UV-B波」

よく海などに遊びに行くと、皮膚が焼けて赤くなるのは、この「UV-B波」の影響です。

この「UV-B波」を浴びることで、皮膚の表面では急激に炎症が起きてきます。

これは地表に届く紫外線の10%程度ですが、お肌には結構な影響力があります。

皮膚を損傷して、火傷の様になっていったり、メラニン色素が沈着して褐色の肌になったりしていきます。

また、シミ、そばかすの原因だったりもするんですね。

紫外線は「乾燥肌」を招きます

長く紫外線を浴びていると、その刺激から守る為に、お肌は余計に角質を増やしていく仕組みがあります。

「角質肥厚」と呼ばれる現象ですが、さらに日焼けの炎症で、お肌のキメも乱れますので、手触りも悪い皮膚の状態になっていきます。

角質が増えるという事はお肌の乾燥している部分も増えると言うことですので、徐々に「乾燥肌」になってしまいます。

進むお肌の光老化

UV-A波を浴びることによって引き起こされるお肌の老化現象、「光老化」が知らず知らずの内に進んでいます。

でてくる現象としては、しみ、シワ、たるみ、などが通常の老化と違って、紫外線を浴びる事で進んでしまいます

【日焼け対策用品】日焼け止め、日傘

その2、栄養バランスを整える

人間の基本である食事。

これによって身体が作られています。もちろんお肌もそうなんですよね。

結局いろんな化粧品を使うのもいいのでしょうけれど、食べ物で摂取できる栄養バランスを軽視してはいけません。

とくにお肌に有用なのが、「ビタミンA」「ビタミンC」「たんぱく質」があります。

ビタミンA

実は、ビタミンAは美肌のためには必要不可欠な成分なんです。

肌の生まれ変わりを促進して、乾燥肌の改善にも役立つ結構すごい栄養素だったりします。

具体的に言うと、紫外線からのダメージとかで、傷ついた細胞のDNAに作用して修復するように働きます。

そうすることで、肌のターンオーバーを正常化して、古い角質やシミを外へとだしてくれたりもします。

コラーゲンなどの生成を促進することによってしっかりとしたお肌をつくる助けをしたりしています。

そういう意味では、光老化に対してとても有効な栄養素になっています。

ビタミンC

一般的にビタミンCは、お肌にいいってよくききますよね。

それにはこんな仕組みがあるからなんです。

たとえば、メラニンの生成抑制だったり、コラーゲンを作る事の促進、しみ、しわの改善、特に紫外線が関与する光老化予防及び改善効果を示すことが報告されているそうです!

さらに、メラニン色素の沈着を防ぐので、しみ、そばかすを防いだりニキビやニキビ跡改善も期待する事ができます。

ビタミンCは身体に貯めておく事ができないため、毎日の摂取が理想です。

たんぱく質

身体の組成の中で、水分を除くと、一番成分が多いのがたんぱく質になります。

身体のほとんどは、たんぱく質で出来ている言っても過言ではありません。

数ある栄養素のなかでも、タンパク質は、美肌や美しい髪と深い関係がある栄養素のひとつです。

皮膚のはりやツヤ、弾力に関係するコラーゲンエラスチンはもちろん、髪の毛の主成分であるケラチンも、タンパク質からできていたりします。

良質なたんぱく質をとり、身体の細胞を作り、いきいきとした健康な肌に!

お肌のためのサプリメント

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
abtushin30j-22
created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
abtushin30j-22

その3、良質な睡眠をとる

お肌のコンディションを整えるのに、必須なのが良質な睡眠です。

お肌といえど、身体の一部です。

良質な睡眠をとることで、身体全体の調子を整えていくことができます。

逆に睡眠が十分に取れていない場合は、身体の不調となり、お肌にもてきめんに現れてきます。

肌の不調は身体のサイン⁉

 睡眠中にアンチエイジングが進んでいるって聞いたことないですか?

眠ることで、身体の中では、アンチエイジングに欠かせない2つのホルモンが分泌されています。

これが睡眠不足などになると分泌が妨げられ、肌の老化が進んでしまいます。

美肌のためには睡眠が大切って言うのは本当の事です。

さらに体調全体にも睡眠は影響してきますので、きちんと自分の必要睡眠時間を確保する事は大切です。

成長ホルモン

成長ホルモンは、成長期だけに必要なわけではありません。

大人になっても、成長ホルモンがきちんと分泌していないと、細胞の活性化が滞り、細胞の入れ替わりのサイクルが遅くなってしまいます。

人は古い細胞を壊して、新しい細胞を生み出す事で、健康な身体を維持しています。

お肌も同じで、常に新しい細胞に入れ替えることで、美肌を保つ事ができます。

それを促してくれるのが、「成長ホルモン」になります。

成長ホルモンがお肌に及ぼす影響
  1. 抗利尿作用で、体内の水分を保ち、肌のつやを改善していく。
  2. 肌の水分の保持する良を増やしてくれる。
  3. お肌のターンオーバー(細胞の入れ替え)を促進する。

メラトニン

メラトニンって、聞いたことありませんか?

睡眠と深く関係しているホルモンになります。

このホルモンの分泌が上手く行かないと、夜の睡眠の寝付きが悪くなってしまったり、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまったりします。

質の良い睡眠をとるためには、メラトニンをいかにきちんと分泌させて行くかがキーになってきます。

メラトニンを上手く出すためには、朝起きて光が目に入ってから14〜16時間後に脳深部の松果体から分泌され、心身をリラックスモードにすることが大切です。

そのためには、日付が変わる0時までには就寝し、7時間程度眠るのが理想ですね。

メラトニンがお肌に及ぼす影響
  1. 質のいい睡眠をとることができ、成長ホルモンの分泌を促してくれます。
  2. 抗酸化作用があるので、活性酸素を除去してくれます。
  3. それらによって肌の老化を遅らせてくれます。

その4、お肌の汚れをしっかり落とす

お肌自身が自分でできないのが汚れを落とすこと。

やはりお肌が汚れていると毛穴が詰まってきたり、雑菌が繁殖して吹き出物が出てしまったりします。

顔の洗顔はもちろん、全身の肌の調子を整えるためには、お風呂やシャワーで、皮膚の汚れをきちんと落として行く事がとても大事になってきます。

洗うことの大切さ

洗顔や身体を洗うことをおろそかにしてしまうと、お肌の表面や毛穴に汚れがたまってしまいますよね。

お肌って、常に外部にさらされているんですよねー。たとえば、以下の様なもの。

  • 皮脂
  • 古い角質
  • ホコリやちり
  • 排気ガスなど

お肌の表面に汚れが残っていると、雑菌が繁殖したりして、ニキビや肌荒れなどを誘発してしまいます。

汚れは本当にお肌の大敵ですよね。

洗顔料やボディーソープなども、自分に合った物を選ぶのがとても大切です。

【おすすめ】洗顔料、ボディーソープ、ボディークリーム

最適なシャワーヘッドを使ってみよう

せっかくお肌の汚れを落とすならば、シャワーヘッドにこだわってみてもいいかもしれません。

今、シャワーヘッドを自分の好みの物に付け替えをしている人が多くなっています。

この後ご紹介する、ミラブルplusは、ウルトラファインバブルという超細かい泡ですぐれた洗浄力を生み出します。

さらに、ウルトラファインミストの水流で、ファンデーションを使った洗浄実験でも、毛穴の細かいところまでウルトラファインバブルが入り込み、汚れを吸着してキレイに落としていることがわかります。

【ミラブルplus】という選択

細かい泡が油性のペンの汚れすらもおとしてしまう、ミラブルplusを購入してしまうのもおすすめです。

ウルトラファインバブルとは、1μm未満の泡の事(ISOで定められた国際標準規格)で、マイクロバブルよりさらに小さく、非常にすぐれた洗浄力を持っています。

さらに、「トルネードスティック」を接続する事により、塩素除去機能をプラスし、ファインバブル量の増加を実現しています。


動画でその実力をご覧ください。

美肌を保つためのまとめ

美肌を保つためには、4つの基本的な肌活して行きましょう!

結局、お肌を美肌に保つためには、裏技みたいなものはなく、基礎基本がとても大事なんですよね。

「紫外線を防ぐ」、「栄養バランス」、「良質な睡眠」、「しっかり汚れを落とす」、この4つが基本になります。

お肌が気になると、毎日を楽しく過ごす事も難しくなりますよね。

今日もいいコンディションのお肌になれるように、毎日コツコツと肌活を続けて行きましょう!

ABOUT ME
Kameちゃん
●職業:主夫/営業マン(正社員) ●年齢:40代半ば ●居住地:東北地方 ●家族構成:妻・長女(高校生)・長男(中学生)・妻の母(要介護認定) ●ペット:猫3匹(全部オス)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA