【トイレ掃除の考え方】苦手意識を思考シフトで楽にやってしまおう!


⌛この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

こんにちは、Kameちゃんです!

毎日使うトイレ。できれば綺麗なトイレを使いたいところですよね。

でも、トイレ掃除はいつもやっていない人だと、ハードルが高い掃除場所だと思います。

精神的抵抗も大きいのかなぁって思ったりします。

でも日々掃除をしないとますます汚くなって使うのさえ嫌になってきちゃいますよね〜。

そんな負のスパイラルを変えるために、楽で簡単にお掃除するためのグッズご紹介したり、主夫からのトイレ掃除の考え方のリセット法をお教えしたりして、トイレ掃除の主夫流やり方を書いてみようと思います。

目次

トイレ掃除は、まずは考え方、やり方を変えてみる

トイレ掃除の高いハードルを低くするために、考え方を変えてみましょう。

わたしの想像では、トイレは汚いから掃除するのが嫌だって思ってしまうのもわからなくはありません。

では、どういう風に乗り越えていくのか?

考え方

トイレ掃除に慣れない内は、汚いところを掃除するという概念が拭えないとおもいますので、慣れるまでは、その対処をしましょう。

主夫になった場合は、トイレ掃除も立派な仕事になりますから、できる様になりたいものです。

考え方としては、家族の健康に必要だと考えたり、綺麗なトイレでゆったり過ごしている自分を想像したりして、そんないい環境を得るためにも掃除が大事だと思う様に考え方を切り替えていきましょう。

考え方を切り替えるのは運動の訓練と同じで、何回も繰り返しトイレ掃除をするといい効果があると、考える様にしましょう。何事も訓練です。

また、家のトイレは基本家族がメインで使っているので、家族だけだしな。って思うとまた気が楽になります。わたしでも、公衆トイレの掃除だったら嫌だなぁって思っちゃうかもしれません。

ハードルを下げるやり方

では、考え方を切り替える助けになるやり方が、何個かあります。それを実行して、トイレ掃除をやりやすくしましょう。

手袋、マスクを用意する

トイレ掃除で嫌なのが自分が汚れちゃうんじゃないかという恐れが二の足を踏むとわたしは考えています。

なので、掃除をする時には、装備として手袋マスクをするだけでも、守られている感覚になれて、ハードルがすごく下がると思います。

あとは、姉妹サイトのトイレ掃除の手順にしたがって黙々と作業をするだけです。

リン☆だあくの家事MAX
【初心者向け】トイレ掃除のやり方。シートやブラシのグッズで楽に! こんにちは、リン☆だあく(@rindark)です!主夫を目指す方なら、家中のどんなところも掃除できなければなりません。その一つにトイレ掃除もあります。トイレは家族全員か必...

掃除が終わった時に手を洗うためのハンドソープや除菌剤を用意する

さらに、ハードルを下げる意味と、念の為の感染症予防のために洗面所にハンドソープ除菌剤を用意しておいて、掃除がおわったら丁寧に手を洗える様にしておくと、掃除中も後で洗えるから大丈夫と思えて、やる気がまたでると思います。

慌てないでゆっくり掃除する

トイレ掃除は慌てないでゆっくり掃除した方がかえって早く終わるとわたしは実感しています。

慌ててゴシゴシこすったりしていると、飛び跳ねしたりして別のところもまた掃除しなくちゃいけなくなったり、掃除し忘れたりしてもう一度やらないといけなくなったりしてテンションが下がります。

なので、慌てずゆっくりと確実に終わらせていく様にしましょう。

鑑賞する

ゆっくりと掃除をして、綺麗になったトイレをしばらく眺めてみてください。

ピカピカになったトイレ。いい匂いの芳香剤が香る空間。

なんとも言えない達成感がこみ上げてくるかと思います。

なにが苦手なことをした時のわたしのオススメなのですが、ちゃんとできた苦手なものは最後にきちんと鑑賞すると得られる達成感が違います。自分の成し遂げたことをじっくりと鑑賞しちゃってください。

トイレ掃除のやり方を変える便利グッズ

では、やる気が起きる様に、すこしでもトイレ掃除が楽になるグッズたちを紹介したいと思います。

トイレシート

やっぱり大活躍するのはトイレシート。

最近ではいろいろなものがでているのですが、便器の縁はもちろん、トイレの床、壁などを綺麗にすることができます。

しかも、使った後はトイレにそのまま流せるものがあるので便利ですね。

トイレの洗剤

匂いが気になるのならば、やっぱり便器の中も掃除したいところ。そういう時は、トイレブラシと一緒にトイレの洗剤を使って掃除をしましょう。

よく言われるさぼったリングもこれらのトイレの洗剤で落とすことができます。

トイレブラシ

トイレブラシはトイレ掃除の基本ですね。

便器の中を掃除するのに適しています。

最近では縁の内側専用の小さなブラシもあったり、ブラシの先端だけ使い捨てのものもあってブラシに抵抗ある方も、使いやすいのがあります。

トイレスタンプ

トイレスタンプはトイレが汚れる前に予防してしまおうという商品です。

これをスタンプしておくと、汚れがつきにくなり、香りが発散されるという2つの効果があります。

トイレ掃除のやり方、もうワンポイント

トイレ掃除は、便器だけではダメです。快適に使うためには、やっぱり他のところも綺麗にしておく必要があります。

ここでは便器のほかに注意しておくべきところを解説してみます。

床も、壁もお掃除

とくに男子のおしっこは飛び散りやすいんですよ。

よく女性の方々が言われる座ってすればいいのに。はここから来ています。

なので主夫としては、壁や床の目に見えない飛び散りも綺麗にしておきたいところですよね。

壁や床もトイレシートで丁寧に拭いておきましょう。

そうすると、匂いも軽減されて爽やかなトイレを取り戻すことができます。

備品補充と、消臭剤、芳香剤で匂いも抑えて素敵な空間に

隅々まで掃除が終わったら、トイレの消臭剤芳香剤のチェックもしておきましょう。

芳香剤などをきちんとおいておけば、爽やかな香りの空間になってトイレの居心地がぐーんとよくなります。

また、トイレに欠かせないトイレットペーパーの補充を忘れずにしましょう。

これを忘れると大変な事になってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しはトイレ掃除をするハードルが下がったでしょうか?

わたしが主夫になって、いろんな事をする様になった一つにやっぱりトイレ掃除もありました。

それまでは、トイレ掃除は妻に任せっきりでしたが、やっぱりワンオペで主夫をしていたので、わたしの場合はしなければならない状況だったこともあってトイレを掃除する様になりましたね。

もしも、パパがトイレを掃除してくれたなら、ママにかなり感謝されることでしょう。

トイレ掃除をマスターして、家族が円満になるといいですね。

では、またね〜。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●職業:主夫/営業マン(正社員)
●年齢:40代半ば
●居住地:東北地方
●家族構成:妻・長女(専門学生)・長男(高校生)・妻の母(要介護認定)
●ペット:猫3匹(全部オス)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる